お知らせ

  • ご訪問の皆様へ
    ブログへのコメントは、私(てぃあ)の承認後に表示されるようになっています。
    タイムリーには表示されませんが、ご了承ください。

    重複投稿などは、整理して公開させていただいています。

地域別アクセス状況

  • 地域別のアクセス状況

    ジオターゲティング

2016年8月28日 (日)

好きの軌跡

知らない間に心にいた君
いつだって何でもないふりして
通り過ぎた傍ら

起こした風に紛れた君の香りに
胸の奥が騒ぎ出す

こんなに近くに見えるのに
この指が触れるところに
君はいるのに

ああ
愛おしさよりも切なさに
この胸押しつぶされそうだよ
ねえ
君の中には誰がいるの
その笑顔はどこに向いているの
"全てが薔薇色"
そんな顔して僕を見ないで

飛んだ空には 雲一つなくて
君を見つけるのは簡単なんだ
飛行機雲の軌跡を残して
すぐにでも飛んで行けるよ

湧きたつ風に紛れた秋の香りが
切なさだけを紡ぎだす

こんなに近くに見えるのに
この声が届くところに
君はいるのに

ああ愛おしさよりも切なさに
この心揺らぎそうだよ
ねえ
君の瞳は誰を見ているの
その唇は誰を求めているの
"全てが薔薇色"
そんな声で僕を呼ばないで

飛んだ空には 雲一つなくて
君を連れ去るのは簡単なんだ
飛行機雲の軌跡を消して
遥か彼方に連れて逃げるよ

知らない間に心にいた君
いつだって何でもないふりして
僕は・・・

» 続きを読む

2016年8月13日 (土)

せっかくの連休が!

皆さんこんにちは!てぃあ@お盆休み中です! 暑い暑い毎日が続きますが、お元気でお...

» 続きを読む

2015年7月12日 (日)

星祭りが始まる

頬撫でる風に 笹ずれの音
切ない夜の帳(とばり)が街を覆ってゆくよ

無数に瞬(またた)く光の原に
静かに佇(たたずむ)揺らめきが
微熱を纏(まと)って動き出す

さあ 星祭りが始まるよ
柔らかな殻を破って出ておいで
流れる光を辿(たど)っておいで
輝き増す時間を共に祝おう

滑(すべ)らかな歌声と滑(なめ)らかな眼差しが
この世の全てを虜(とりこ)にするよ

無数に瞬く光の海に
ひときわ明るい君の眼差し
憂(うれ)いを映(うつ)して見つめている

さあ 星祭りが始まるよ
柔らかな殻を破って出ておいで
流れる光を辿っておいで
輝き増す時間を共に祝おう

天の川と時間(とき)の流れの交わる場所で
長くて短い言葉を交わそう
愛(いと)おしくて切ない想いを交わそう
夜の帳が流れ落ちるまで


» 続きを読む

2015年3月22日 (日)

3年ぶりの5行歌

夢の国に心を置いて

歩き始めたのは何時だったか

現実を受け入れる事に心が発した危険信号

受け止めたのは夢の国

優しい色したシェルターに柔らかな私は眠り続ける

» 続きを読む

2012年5月 6日 (日)

くるくる くるくる

いろんなことが 心の中でくるくる くるくる
頭で指令を出しても 収集なんてつかない

春夏秋冬 季節は違(たが)わず巡って来るけれど
出会 別れ 再会
人の営みには決まった流れは無い

あの時の言葉が 私の心の中を泳ぎだす
あの人はもう 覚えてもいないかもしれないのに
残された言葉だけが 年月(としつき)を越えて
私の時間を巻き戻す

戻りたいわけじゃない
ただ
あの時に分からなかった意味
今なら理解できるよって 伝えられたなら
私たち 出会った意味もあるってものじゃない? 

決してマイナスじゃない くるくる くるくる
巡る思いの中で 釈然としなかったものが
一つ一つ溶け出して 私の中に落ちてゆくんだ

決まったルールは無いけれど
人は意味のある出会いと別れを繰り返すってこと
きっと私は全身で理解出来たよ

くるくる くるくる くるくる くるくる
ありがとう ありがとう・・・

それでも やっぱり
「ありがとう」って微笑み交わす未来が
欲しかったよ

くるくる くるくる くるくる くるくる
これからも 私は青空を見上げて頑張るよ
あなたがくれたたくさんの言葉を 噛み締めながら
笑顔が一番の私でいるから

--------------------------------------------

» 続きを読む

2011年8月15日 (月)

ほんの少し違うだけ・・・でも・・・

「好き」の一言は心に重すぎて「大好き」と笑顔で叫んだ

「大」を付けたのに「好き」より軽く響いて

次に続く言葉が出口を無くした

「好き」があっての「大好き」なのだと

変わらぬ君の背中が語っていた

» 続きを読む

2011年4月 2日 (土)

人はいつだって人なんだ(5行歌)

今時なんてどこにも無い

 人はいつだって変わらない

力強い若者の言葉

 まっすぐな子供たちの言葉は

巨大津波にも勝てる威力を持っていた

» 続きを読む

2011年1月 3日 (月)

何度でも

見上げた空 大きく深呼吸して
冷たい空気で胸を冷やした

“もしも”

なんて事考えても
答えなんて見えて来ないって
頭の中がこんがらがって
闇雲に不安感が増すばかりだって
ちゃんと分かっていたのよ

本当の言葉をぐっと飲み込んで
距離を置くことばかり考えたのは
どうしようもなく 恐かったから

見上げた空にあの時を重ねて
切なさの数だけ 零(こぼ)れる涙
今はこの手で拭えるの
もう誰かにハンカチを借りたりしない

流れる雲を追いかけながら
手を伸ばせば掴めるかもしれない
これからを見つめて
失ったものに変えて行くの

この冷えた胸 熱く出来る何かに
出会えるように 何度でも 何度でも
そう 何度でも

» 続きを読む

2010年11月14日 (日)

青い光が見せるもの

また今年もきらめく季節がやってきた
あなたが好きだった深い深いブルーが
点滅しながらツリーを飾る
寒い寒い季節を 冷たいブルーが素敵に盛り上げる

どうしてかな それでも気持ちは寒くない
きらめく街に心がうきうき弾んで止まらない

知らず知らずにあなたの好きなものを
一つ一つ好きになって
理由もなく幸せな瞬間が増えてゆく

夢に彩られた季節は もう遠くなったけれど
私の中の幸せは 今も消えずに胸(ここ)にある

優しさあふれる讃美歌に 溢れた涙を拭われて
深い深いブルーは 私の瞳に溶けてゆく
明日はきっと 青空がいっそう濃く見えるだろう

» 続きを読む

2010年11月 7日 (日)

今頃ですが・・・

少しも似たところの無い別世界の物語
いくつもいくつも読んでみて
「ああ」って納得したよ

君が伝えたかったことは
こんなにも簡単に誰もが出来ることだったんだね
「建前」なんて気にしてさ
やたらと難しく考えていた自分に
今頃気が付いたんだ

何度となく諭されたことが
その時には呑み込めなかったんだ
君の言葉はあまりに優しすぎて
うっかりすると
心の最奥までも入り込んでしまいそうだったから

あまりに身勝手な歌詞だったから
好きになれなかった君からのプレゼント
今更のようにヘッドフォンで聴いてみたんだ
耳障りだった調べが普通に聞こえて
自分でもびっくりさ

あの時君に宛てたメールが
心の中をずっとリフレイン
素直に書けば良かったな
嬉しかったこと 救われたこと 楽しかったこと
マイナスなんて何もなかったと

もう一度同じタイトルで送れたなら
君はもう一度「馬鹿!」と叱ってくれるかな?
あり得ない妄想は この曲のせい?
君に聞いてみたいよ
「今頃ですが・・・」


» 続きを読む

«Record

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ